木内歯科クリニック

〒106-0044 東京都港区東麻布1-28-1 パークサイド麻布1F 木内歯科クリニック

メールでのご相談お問い合わせ
お問い合わせ・診療ご予約 電話03-5545-4182

診療メニュー

アクセス

一般歯科

虫歯・歯周病の原因

プラーク

虫歯や歯周病の根本的な原因は、誰のお口の中にも潜んでいる『虫歯菌』と、『食べる』ということ。

食べ物の糖分と虫歯菌が結びつき、たくさんの食べカスや菌をつけて白く固まります。これがいわゆる『歯垢(プラーク)』です。

歯垢(プラーク)は、歯磨きを怠るとどんどん溜まり、虫歯や歯周病などお口の病気を招くのです。

虫歯・歯周病の予防

日本人の90%以上の方が、毎日歯磨きをしているというアンケート結果にもかかわらず、虫歯や歯周病でお悩みの方は後を絶ちません。

唾液の量が多いと食べカスが歯に付きにくいことから、唾液の量により虫歯になりやすい体質があるといえますが、それ以上に正しいブラッシングや日々の予防意識が大切なのです。

予防をしっかりしていれば、虫歯治療に度々通うこともなく、痛い治療をすることも避けられ治療費も軽減できるなど、メリットがたくさんあります。当院の予防歯科では、健康な歯を守るお手伝いをしています。

大人の虫歯と子供の虫歯

乳歯は大人の歯より柔らかいため、虫歯になりやすいといえます。虫歯の進行が早いのも特徴です。

また永久歯も、生えてきたばかりの頃は未成熟であり、乳歯と同じ傾向にあります。 子供の虫歯は速やかに治療をおこなうことが大切です。

大人になりますと歯自身は固く丈夫になりますが、歯周病にかかっている方が多くなります。そのため、歯周病によってあらわれた根元や歯と歯の間のすき間から虫歯になるケースが増加します。

また治療した歯の詰め物のまわりから、虫歯になることもあります。これは二次う蝕といわれており、一度虫歯になった場所は、治療した後も再発する可能性が高いので注意が必要です。

歯周病と全身疾患

歯周病にかかると歯肉に炎症がおこり、ひどくなると他の歯周組織にまで炎症がいたり歯が抜けてしまう、というのは多くの方がご存じでしょう。しかし近年、この歯周病が他の全身疾患と関連していることがわかりました。

歯周病になると歯周病菌の数が増幅します。その一部の細菌が血管の中に入り込んで、全身の各器官に拡がるのです。 歯周病菌が肺に感染すると、肺炎になる恐れがあります。他に可能性があると考えられている病気には、動脈硬化などの血管系の病気、心臓病、糖尿病などがあります。歯周病は口腔内だけの病気ではないのです。

定期健診

虫歯や歯周病など、お口の病気は治療なしに良くなることは絶対にありえません。治療の必要がない歯を維持するために、定期的な専門家のチェックが必要です。当院では半年に1度くらいの定期健診をお勧めします。

ページの先頭へ