木内歯科クリニック

〒106-0044 東京都港区東麻布1-28-1 パークサイド麻布1F 木内歯科クリニック

メールでのご相談お問い合わせ
お問い合わせ・診療ご予約 電話03-5545-4182

診療メニュー

アクセス

赤羽橋駅すぐ東麻布の木内歯科インプラント

虫歯や事故で歯を失ってしまったら

歯を失ってしまったら、見た目が気になる、食べ物がしっかり噛めなくなるなどさまざまな支障が生じます。また、失った歯の周りの骨が痩せてしまったり、隣の歯が傾いてしまったりするなどの悪影響があります。

インプラントは、歯を失ってしまった場合に、歯の根にかわる土台として顎の骨へ人工歯根を埋め込み、人工の歯を取り付ける治療方法です。 天然の歯と同じ「根」を持っているため、天然の歯と同じように噛むことが出来ます。見た目も天然の歯と変わらず自然です。

インプラントの構造

「フィクスチャー」、「アバットメント」、「上部構造」から構成されています。

インプラントの構造

上部構造

人工の歯・被せ物のことです。食べ物を噛む部分であり、目に見える部分です。

アバットメント

人工の歯を付ける『土台』です。フィクスチャーと上部構造をつなぎます。

フィクスチャー

骨の中に埋める歯の根の部分で、噛む力を支えます。ネジのような形をしており、材質は骨と結合する性質を持つチタンが主流になっています。


インプラントの特徴

自分の歯と同じように噛むことができます

インプラントは顎の骨にしっかりと固定されているため、固い物でもしっかりと噛むことが出来ます。入れ歯のように、食べにくいもの制限しなければならない食べ物はなく、食べる喜びを取り戻すことが出来ます。

見た目は天然歯と変わりません

入れ歯やブリッジの場合、歯を固定する金属が目立つため、見た目が気になります。しかしインプラントは手術で根の部分を埋め込み、白い人工の歯を取り付けます。天然の歯と見分けがつかないほど自然で、口元を気にすることなく笑うことができます。

隣の歯に負担をかけません

部分入れ歯の場合、金属のバネを隣の健康な歯にかける必要があります。ブリッジの場合も、隣の健康な歯を削る必要があります。 インプラントは、歯を失った部分の顎の骨にフィクスチャーを埋め込んでいるので、健康な歯に負担をかけることがありません。

歯を失った部分の骨が痩せません

歯を失ってしまうと、噛む力が歯茎に伝わらなくなるため、顎の骨が退化して次第にやせ細ってしまう「骨吸収」がおこります。インプラントは顎の骨に埋め込むため、骨吸収が起こることなく骨を維持することができます。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング

患者様のご要望・疑問点などをゆっくりとお伺いします。

2.検査・診断

問診の他、レントゲンやCTを用いて十分なデータを集め診断します。

3.治療計画の説明

患者様に適した治療計画、治療期間、費用などをご説明します。
虫歯や歯周病がある場合、先にその治療を行います。

4.一次手術

インプラントを埋める部分の歯肉を切り開き、顎の骨にインプラント(フィクスチャー)を埋め込みます。

5.治癒期間

フィクスチャーと骨が結合するための期間です。
期間は、手術の内容やお口の状態によりますが、約2~6ヶ月程度です。

6.二次手術

アバットメントと上部構造を装着します。

7.メンテナンス

インプラントを長く使用していただくために、定期的にメンテナンスを受けていただきます。

ページの先頭へ